横浜 リフォーム |マンションカビ無いリフォーム

ヘッダーインフォメーション2017(スリム)








カビ結露トップバナー(ライトグリーン)

 

 

カビ結露防止リフォームの施工計画

角部屋の場合には範囲が広くなります

施工範囲図面

結露防止断熱工事計画では図のA・B・C
行うのが基本になります。

 

片側が外部の角部屋の場合はA・B・Cに
加え、イの部分(妻側)も必要になります。

 

 

内窓サッシを必ず設置する・・・

結露防止リフォームを行う際には
必ず内窓サッシを取付けて下さい。

 

せっかく壁内結露防止を行っても、窓ガラスに
結露が発生してはしょうがありません。

 

窓廻りの結露水の掃除がなくなり、楽ですし、
によりも室内が暖かくなります。

 

又、夏冬共にエアコンの効きもグットよくなり
電気代も安くなります。

 

南側の窓ではLowーeガラスと云って日射を
反射させてくれる内窓サッシを付けると
夏の強力な日射を遮ってくれより快適
お部屋になります。

 

当然エアコンの効きや電気代も違ってきます。

 

施工範囲

お部屋の1面が外気に接している場合・・・

断熱範囲1

 

施工の範囲は右の上の図のように、

 

@外気に接している壁1面全体

 

A隣家との境のコンクリート壁の一部
こちらは壁全面ではなく、熱伝導の
影響範囲までです。

 

外壁に直交している間仕切り用の
木造壁は熱伝導の影響を受けにくいので
断熱は行いません。

 

Bコンクリート天井の一部
こちらは天井全体ではなく、熱伝導の
影響範囲までです。

 

 

お部屋の2面が外気に接している場合・・・

断熱範囲3

施工の範囲は右の上の図のように、
@外気に接している壁2面全体(L型)
に行います。

 

Aコンクリート天井の一部(L型)
こちらは天井全体ではなく、熱伝導の
影響範囲までをL型に行います。

 

 

実際の施工状況

断熱施工写真2

断熱施工段差

実際の施行状況は写真のようです。

 

正面は窓を除き壁全面に断熱材を
取付けます。
天井にも同様に断熱材を取付けます。

 

下の写真のように断熱材を入れた
部分は段差になります。

 


 
カビと結露の関係 結露防止の施工計画 小規模工事事例 大規模工事事例 内窓サッシの効果 少し詳しい結露の原理 結露の豆知識